てっぺんのそこ

20代後半ジャニオタが気ままにジャニーズについて語るブログ。

SMAPと共に「明日へ」

 

 

今日は2016年3月12日。

たった今、「明日へ」コンサートの放送が終わったところです。

 

 

放送開始、5人で並ぶSMAP。右上のLIVEの文字。

そこに映された5人のSMAPは、笑顔でした。

 

寒そうに手を擦ったり鼻をすすったりしながら、笑顔を浮かべていました。

 

 

そして歌われた「オリジナルスマイル」。

会場が皆笑顔になって、SMAPも笑顔で歌っていました。

会場が揃って手を振って、SMAPも手を振って笑顔で歌っていました。

とても幸せな光景でした。

 

2曲目は「この瞬間、きっと夢じゃない」。

全員の歌っている姿に、涙が溢れました。

あの騒動以来、泣いたのは久しぶりでした。

でも、今度は、感動で泣いてました。

「どんなに離れていても側にいます」。

歌前のこの木村さんの言葉に涙が溢れ、歌詞に、力を込めて歌う5人に、号泣しました。

側にいてくださいって、心から思いました。

 

 

そしてラストは、「世界に一つだけの花」。

何度も歌われていた曲だけど、あの騒動以来いろんな場所で聞いたけれど、やっぱり本人たちが生で歌っているのは全然違っていました。

SMAP、出演者のみなさん、会場のお客さん、歌って、笑顔になって、会場全体がひとつになっていた。

 

そして、番組ラストの中居さんの言葉。

「また来年お会いしましょう」。

もう、この言葉だけで、どれだけ救われたことか。

来年もSMAP5人で出演して、みんなを笑顔にしてください。

 

 

 

 

 

テレビは絶望を与えるものじゃない。

SMAPが言う「テレビの力」とは、絶望を希望に変える力のことだったはずだ。

その証拠に、2011年3月11日に受けた絶望を、そして2016年1月18日に受けた絶望を、今日SMAPは希望に変えてくれた。

これが本来の「テレビの力」であり、SMAPが信じている「エンターテイメントの力」ではないのか。

 

 

SMAP、本当にありがとう。

5人の元気な姿を見れるだけで私は幸せです。

5人が5人で一緒にいて、一緒に踊って、一緒に踊ってくれるだけで、いいです。

5人が5人でいられるように、応援します。

遠くはなれていても側にいます。

 

SMAPと一緒に「明日」を迎えられることに、感謝します。

 

 

 

 

この瞬間(とき)、きっと夢じゃない

この瞬間(とき)、きっと夢じゃない